+ last entry + archives + profile
+ comment + link admin
material by 空色地図
template by xxx

qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.07.23 Monday -



これは、運命。〜その4〜

 

でもうれしいよねぇ!!

もしかすると子犬達は、捨てられた時はもっと兄弟の数も多かった

のかもしれない。捨てられてから何日も助け合って、冬の寒い夜を

暖めあってきたんだろうし。たった2匹だけの兄弟が、離れる事無く

暮らせるなんて、幸せだよねぇ♪

2匹とも。

 

なんて、大きな決断をしてくれた知人夫婦に感謝!アリガト!

旦那の仕事もギリギリで間に合ったみたいだし笑

すべて丸く収まった、ってカンジ!

 

でも、私は思うのだ。

あの夜は雪が降った。きっと衰弱している弟犬の方は、寒さに耐え

られなかっただろう。兄犬の方も、2匹でいたからしのげた寒さも

1匹になっては・・・、あの日は、2匹のタイムリミットだったの

だろう。

 

もしも、その日私達が出掛けなかったら?

もしも、旦那がその道に迷い込まなかったら?

もしも、子犬が道路に出ていなかったら?

 

何かひとつでも歯車が狂っていたら、2匹の命はなかったかも

しれない。

あの日起こったすべてのことに、子犬達の命を助ける

為の、2匹が知人の家族になる為の、何か大きな力が

働いているとしか思えない。

 

そう、これは絶対に 【運命】 なのだと。

 

・・・終わり・・・

 

犬最後まで読んでいただきありがとうございました犬

       ♡kimura♡

2018.06.27 Wednesday comments(0)



スポンサーサイト

2018.07.23 Monday -



comment...



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.