+ last entry + archives + profile
+ comment + link admin
material by 空色地図
template by xxx

qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.07.23 Monday -



オール電化住宅

   『停電の時オール電化住宅はダメだって?』とおっしゃった
お客様がいらっしゃいました。
  『どなたのお話ですか?』と聞くと、『テレビで言っていた』と。
 確かに私もニュース番組で見ました。
東京のある家庭でインタビューしている番組でした。
「床暖も使えない,IHも使えない,お湯も使えない」と
言っておられました。少しこの北国とはオール電化でも事情が
違うかもしれません。
 元々、オール電化住宅は工場や会社の稼動率が下がる時間帯の
余剰電力を使って、省エネで暮らそうという目的があったと思います。
 その為に、深夜の蓄熱があります。
この八戸ではオール電化住宅の暖房機は蓄熱暖房機が主流でした。
後は、温水器も深夜電力を使って、翌日分のお湯をためて置きます。
 でも、最近になって『ヒートポンプ式』が注目され、推進もされて、
消費電力が3分の1,4分の1になることからその時の電力を使う
暖房方法に変わりつつあります。
 TVのインタビューの「床段も使えない」はこの為に起きた不満では
ないかと思います。
 今年に入って、東北電力さんは『蓄熱暖房機の販売を止めます』
と言って来ました。私は正直、
『今まで停電時にもオール電化は強いですよ。』
と言って勧めてきたはずなのに裏切られた気分でした。

 でも、今回の停電では、当社のお客様は
『ファースでよかった。』
『3日目まで十分暖かかったよ。』
『カセット式コンロがあったし寒くなかったから、
      親戚みんな家に集まったのよ。』などと
言ってもらいました。
   ほんと良かった。ほっとしました。
 
 エコキュートはヒートポンプ温水器と言っても基本的に
深夜電力を使い、益々、消費電力も小さくなることですから
大賛成です。
 全体の消費電力量を減らすことになるので、ヒートポンプは
否定する訳ではないのですが、
      『余剰電力を使って蓄熱する』ということが
オール電化住宅の基本だったのではないかと改めて思います。
                            (ノンちゃんママ)
蓄暖
   当社の蓄熱暖房機 9年になります。

2011.03.29 Tuesday comments(1)



スポンサーサイト

2018.07.23 Monday -



comment...

郷古眞一 2011/03/29 21:52
私の所もファースでしたが、地震後の次の日に家に帰ってみたら蓄熱暖房のお陰で温度もそんなに下ることなく暖かく大丈夫でした。
温水器のお湯も冷めているかと思い出してみた所
そんなに冷めてなくてシャワーを浴びることができて良かったですね。
家自体の保温効果もあり助かりました。
ファースにして良かったです。


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.